高度な接客スキルを身につけて指名を獲得

ネイルサロンに勤めると実際にお客様を相手に施術を施していくことになりますが、美容師などと一緒でネイリストも指名をもらうことの重要性が増してきます。
それが給与に直結するからです。
将来独立を考えているならば、より指名がもらえるネイリストになる必要が出てくるでしょう。

指名を増やすために必要なのは、高い技術力です。
これは言うまでもありません。
しかし、技術だけでお客様が指名してくれるとは限らないのがネイリストをはじめとした美容系技術職の難しいところ。

ネイリストは技術職であると同時に接客業でもあるということを認識しておきましょう。
そう、指名がもらえるネイリストになるには、高い接客術も身につけておく必要があるのです。

具体的には、スムーズにコミュニケーションが取れることが重要です。
お客様のお話を聞く力や、常に笑顔でおり愛嬌がある点も重要になってくるでしょう。
褒める力やお客様に対する気遣いも身につけておかなければいけません。
楽しい空間や時間を提供するのもネイリストの仕事であり、人気のネイリストはこうした優れた接客術を必ず持っているものなのです。

親しみやすさと礼儀正しさを両立させること。
正しい言葉遣いやマナーを身につけること。
こうしたことも非常に重要です。
技術とともに接客スキルも身につけ、様々なお客様から指名をもらえるネイリストを目指しましょう。

  デザインのバリエーション増加と提案力向上も必須

接客に関するスキルは指名を増やすために欠かせないのですが、やはりネイルのデザインも指名を増やすためには無視することができません。
特に、デザインのバリエーションが豊富なネイリストは多くの人から指名してもらうことができます。
引き出しが多ければ、それだけ大勢のお客様の要望に応えることができるからです。

「明るい雰囲気にしたいんだけど」や「新しいネイルアートを楽しみたい」などといった漠然としたお客様の要望に応えられるのも、バリエーションを豊富に抱えているからこそ。
いくら技術力が高くても、1つ2つのデザインしか提供できなければ、お客様の数は非常に限られてしまいます。

また、様々なデザインを施すことができれば、こちらからデザインの提案もできるようになるでしょう。
これも非常に重要です。
「あの人を指名すれば、新しいデザインを提案してくれる」と評判になり、自然と指名数も増えていくはず。

日本人女性は常に新しいオシャレを探しています。
多くのバリエーションを抱え、デザインの提案も可能なネイリストは、そうした日本人女性のニーズにマッチし、指名を多くもらえるネイリストになることができるのです。